腰痛対策のためには最安値で上質なマットレス選びが重要

近年、床や畳にマットレスと敷き布団を敷いて就寝するスタイルからベットを使用するスタイルも多くなりました。ベットは腰痛対策として効果が期待できます。しかし、多くの方が腰痛対策にはどんなマットレスを選ぶべきか迷うと思います。ベット用のマットレスにも素材やコイルのタイプなど様々な違いがあります。特にマットレスを選ぶ上で、ポケットコイルかボンネルコイルのどちらかで悩む筈です。そこで、ボンネルコイルよりポケットコイルのどちらが良いのか、そしてどの様な人に向いているのか説明します。
先ず、ベット用のマットレスに使用されるコイルボンネルコイルとポケットコイルについて紹介したいと思います。
ポケットコイルとは、コイルが個々に袋入りになった独立構造をしています。。コイル自体の材質や設計(コイルの線径や巻き数)を変えることで硬さやストロークを変更するため、様々な荷重特性に対応できます。コイルが独立構造としているため、コイル毎に妨錆加工が施し易く、通気性の良い構造となるため耐久性を向上が図られています。そのため、マットレス自体の価格は高いものの、価格に見合った耐用年数を有します。また、ポケットコイルは、マットレス全体でコイルの硬さが異なるものを様々に配置できます。

次にボンネルコイルはポケットポケットコイルとは違い、個々のコイルが連結され、1つの構造体になっています。ボンネルコイルは全体が1つのユニットになっているため、マットレス内部の通気性が非常に良いといった特徴があります。ボンネルコイルはポケットコイルのように様々な仕様のコイルを組み合わせることが出来ません。そこでボンネルコイルを使用するマットレスは、マットレス全体を3つのエリアに分割し、エリア毎のコイルの硬さを変更しています。
マットレスに使用されるコイルは、ポケットコイルで約500本程度で、ボンネルコイルは約210本程の数が使用されています。
腰痛対策用ベットには、マットレスの構造からするとポケットコイルの方が腰痛に効果的だと思うかもしれません。しかし、マットレスの硬さや横になった際の感覚の好みは、人それぞれで異なります。また、ポケットコイルの仕様が多々あるため、自分に合ったマットレスに巡り会えない可能性もあります。腰痛の原因は、肉体疲労と精神的なストレスも影響によるものです。自分に合わないマットレスを長期間した場合、疲労回復もし難く、寝心地の悪さから腰痛ストレス性の疾患にもなります。特に原因不明の腰痛は、ストレスの蓄積が原因かもしれません。
先ず、体格が小さい方や体重が軽い方がベットを購入する際は、ポケットコイルのマットレスをオススメします。ポケットコイルは独立構造のため、耐久性が弱く、体格が良く、体重の重い方が使用した場合はコイルが早くへたる可能性があります。

コイルが部分的にへたり、表面に凹凸が出来ていた場合は、腰痛の原因になりますので買い替え時期になります。
小柄で体重が軽い方にとっては、就寝時に体を包み込むような感覚を与えてくれます。
一方、体格が良く、体重が重い方や畳に寝るような感覚が良いという方には、ボンネルコイルのマットレスをオススメします。特に、体格が良く、体重もある方には、ポケットコイルの硬さ選びが重要になります。しかし、自分にあったコイルの硬さはなかなかわかりにくいと思います。そのため、コイルの硬さが不足するとマットレスが沈み易く、表面に凹凸が多く発生してしまい、寝心地が悪くなります。この状態は腰痛になり易い上、首や肩など全身に不調出てくるかもしれません。ただし、ボンネルコイルのマットレスは、内部構造が連結されているため横揺れが発生し易く、マットレス表面に荷重を一点集中させた場合、マットレスが全体的に凹みます。これデメリットと思えますが、凹凸が発生し難いといったメリットを指し示しており、腰痛になり難いと言うことが出来ます。
ボンネルコイルを使用したマットレスは価格が安価であり、身体に合えば、お得感が得られると思います。また、価格が安いことはマットレスがへたってしまった場合、躊躇することなく新しいマットレスに買い替えすることが出来ると思います。
ポケットコイルを使用したマットレスがへたった場合、高価なため安易に買い替えすることは難しいです。そのため、日々腰痛は悪化し、腰痛が慢性化する可能性があります。
更に選ぶ際のポイントとして、長期保証付きや○○日間お試し可能などのサービスを活用すること、そして最安値で買えるお店で買うことをオススメします。保証が充実していれば、ベット用のマットレスが無料で交換できます。また、お試し期間があれば、合うものに巡り会えるまでお試しをすればいいと思います。

参考にしたサイト
モットン最安値
http://xn--9ckk0f4cz41sbko82s.com/

寝転んでできる腰痛ストレッチで腰痛を改善しよう!

寝転んでできる腰痛ストレッチ
腰痛は痛む場所や原因が実にさまざまです。魔女の一撃と言われるギックリ腰から足(下肢)や腰の神経痛、打撲、骨格の異常、筋肉の炎症などがあります。その多くは朝起きるときや、歩行の時、特定の姿勢をとるときなどに起こります。また腰痛のほかに、背中や下肢にも痛みが走ることもあります。この様に原因も発症の仕方もいろいろです。このような中でも最も注意したいのは次のような場合です。下腹部の痛みや左右のアバラ骨の周りの痛み、貧血、不正出血(女性)、発熱などを伴う場合です。これらの場合は専門医の診察を受けることが必要です。内臓疾患の心配があるからです。このような心配のない腰痛を治す足(下肢)のストレッチを述べます。
上向きに足(下肢)を伸ばして寝ます。
1) 両方の膝を立てる。そのまま足(下肢)全体を左右に倒します。膝を床に着けるよう様に倒してみる。この時、倒れすい方と倒れにくい方があるはずなので、倒れやすい方を覚えておく。
2) そのままの姿勢で倒れやすい方の足(下肢)を倒れにくい方の膝に乗せる。
3) 息を吐きながら倒しやすい方に倒す。これを5~10回繰り返して行う。
注意:倒れにくい方には倒さない。これを間違うと効果が出ない。
入浴の後、毎日行ってください。必ず腰痛は克服できます。

腰痛は腰だけではない、心臓からも発症する危険がある

腰痛、人間にとって老若に関わらず、いつか?は味わう病気です。昔は、「年寄りの病気(完全にそうとはいえない)」のイメージが強かったのですが、最近特に、20代の患者が増えているように感じます。実は、心臓の病気が腰痛をまねく事が発表されました。これは今までの医学の常識を覆す事だと思います。外傷系の腰痛なら医師もわかるのですが、内傷系すなわち、ほかの場所(例 心臓等の循環器系)が本当は悪いのに、痛い場所は腰痛という奇妙な痛みになるのです。という事は内傷系の腰痛は、まずは整形外科でなく内科、循環器科の医師に相談するのが先決でしょう。痛みについて、脳の錯覚から起きている可能性が高く、本当は心臓が痛いのに腰が痛いという、痛みの箇所の変化が起きてしまうのです。
腰が痛くなったら、近くの外科と内科のある病院に相談してください。外科の場合、できれば整形外科がいいです。もしくは、詳しく診てもらえる病院が近くにあり、そして今話題の総合診療科がある病院で診察してもらうのが一番いいと思います。

太ってから腰痛になった体験談

子供のころに、父親がうちで仕事をしていました。
その時に「腰痛がするんで仕事にならないんだ」といっていたことがありました。
子供なので、腰痛の意味がわかりませんでしたが、父親は腰にコルセットみたいなものを
巻き付けて仕事をしているようでした。
父親が好きでしたので、腰痛になってしまって、可哀想だなと思いました。
でも父親は年をとっていくうちに、体重が減ってきて腰痛はもうしないといっていました。
でもガンで他界してしまって今は、思いだすこともあまりないです。
私は40代になってから、体重がどんどん増えてしまって、10キロくらい太ってしまって、
朝起きて腰痛になってしまうようになりました。
それまで、腰痛などなったことなどありませんでした。
なので、近所の外科にいってレントゲンを撮ってもらったんです。
すると、太りすぎてて腰に負担がかかっているといわれました。
腹筋をつけてくださいと、医師にいわれてしまい、毎晩のように腹筋運動をやっています。

低反発マットレスで眠って腰痛になってしまった体験談

ずっと敷布団で眠っているのですが、引っ越しを機にベッドに買い替えました。

初めてのベッドという事でとても嬉しかったのですが、困った事になりました。

何だか朝起きた時に、腰痛がするのです。

せっかく低反発マットレスを買ったのに、と思って残念でした。

でも実は、低反発マットレスって体が沈んでしまうので、寝返りが打ちにくいようです。

寝ている間に人は無意識に何度も寝返りを打ちますが、それが出来ないという事は、何時間も同じ姿勢で眠るという事です。

だから私は腰痛になったんだと悟り、高反発マットレスに買い替えました。

高反発マットレスはちょっと硬い気がしましたが、しかしこれで寝るようになってからは腰痛を感じなくなったのです。

やっぱりマットレス一つ取っても、体に合う合わないがあるのでしょう。

私は猫背持ちでもあるので、これで仰向けに寝る事で、猫背矯正も出来ました。

これからも腰痛に優しい、高反発マットレスで腰を労わって眠ろうと思います。

腰痛マットレスを購入したきっかけ

腰痛マットレスはヘルニアや腰痛持ちの方におすすめの健康グッズです。
腰の痛みがひどい方は腰痛マットレスにする事でその痛い実を和らげらえる可能性が高くなるでしょう。

私は昔から腰痛持ちで、とても悩んできました。以前は介護の仕事をしていて、力も使う仕事だったので、それで余計に腰を痛めてしまったのではないかなと思っています。病院に行ってレントゲンなども撮ってもらいましたが、椎間板ヘルニアにもなっていました。

私は手術はしたくなかったので、状態を悪化させないように気をつけました。コルセットを巻いて、腰を保護したりしました。コルセットを巻いてみると、腰痛も楽になっていきました。あまり腰に負担にならないような仕事も見つけて、無理せず働いています。

それでも腰痛は良くならずに、ひどい時は横になっていても寝返りをうてないほどでした。私はマッサージにも通いました。マッサージで腰をほぐすと楽になる気がしましたが、友達の勧めで鍼灸にも通うようになりました。私は鍼灸の効果がかなり出ていると思います。鍼灸に通ってからは痛みもほとんど感じなくなりましたし、症状も悪化せずに済んでいます。これからも腰痛には気をつけて過ごしたいです。
色々な職を転々としていますが、大体いつもくっついてくるのが腰痛です。

考えてみれば腰というのは普段の生活動作でもとてもよく使う場所という事もあり、特に痛めやすいという現実があります。

そして健康オタクの友人がベットから変えたという腰痛マットレスにしてみたところ驚くくらいに腰が楽になったんです。

私は前の前は飲食店で働いていて、立ち仕事で動き回ったり、屈んだり、洗い物をしたりととても腰痛が悪化する動きばかりをしておりました。

その後平均年齢が全職種で一番高いと思われるタクシー乗務員をしたのですが、タクシー乗務員の一番の職業病といわれるのが何と腰痛だったのです。

ずっと20時間も座って運転をしているのでとても腰を痛めやすいというのです。

ぱっと見た感じでは座っているだけなので腰を痛めたりはしなそうな雰囲気があるのですが、実は逆で立っている時よりも座っている時の方が腰にかかっている負担は大きいというびっくりする事実があったのです。

そしてそのタクシーを辞めて、次はトラックの運転手をやっているのですが、これがもう思い荷物を沢山運んだりで、最も腰を痛めやすい職業なのではと思うくらい腰が痛くなります。

もう腰痛にならない職業の方が珍しいのではないだろうかと最近は思い始めてしまいました。

腰痛マットレスはこれから手放せないアイテムの一つです。